学会デビューでポスター賞! 〜レオロジー学会〜

Posted Leave a commentPosted in Conference, From Students, LifeLog

こんにちは。修士1年の井上です(^ ^) 今回は2018年10月17日〜19日に福岡で行われたレオロジー討論会に参加してきましたのでご報告。 私が増渕研に来たのがこの4月なので、それからたった7ヶ月で学会デビューとなった今回の学会…。最初にお話を頂いた時はまだ5月頃で正直ドキドキヒヤヒヤでした。(さらに来月は成形加工学会に出る予定です。)レオロジーの基礎の勉強から始まり、実験手法を考え、試料作りを考え、なにせ先行研究のほとんどない研究テーマでしたから7ヶ月間ガムシャラに動いていた気がします。 そんな私がなんと、今回ポスター賞を頂きました! 正直自分でも驚きました。これも的確なご指導とご協力、また共に議論をして頂いた先生方や共同研究者の角田様(レオ・ラボ(株))、研究室の皆様のおかげだと思っております。本当にありがとうございました。また一緒に行った草田君も同じくポスター賞を受賞しました。おめでとう! 賞を取ると懇親会に招待されるのですが、そこのお刺身と焼き鯖がもう美味しくて美味しくて…。福岡の秋の味覚にそそのかされすっかりポスター賞の味をしめてしまいました(笑)。来月の成形加工学会では今回より少し進んだ研究について発表する予定なので、そちらも一球入魂全力投球していきます!   (そういえば全然写真撮ってなくて残念です…。太宰府天満宮とかお刺身とかポスター発表の時とかお刺身とか。次回に乞うご期待!)

IWEAYR13 in Jeju

Posted Leave a commentPosted in Activity, Conference, LifeLog

In the last week, I attended the international workshop IWEAYR-13 in Jeju, Korea, with all the students in my group including undergrads. As I wrote before, the workshop is an unique event in which professors do not present any results by themselves but they give the opportunity for students. In addition, the organization focuses mixing […]

成形加工学会でポスター賞をいただきました!

Posted 1 CommentPosted in Conference, From Students, LifeLog

こんにちは、M2の学生の平山です。 先日行われた成形加工学会でポスター賞をもらったので報告です!   先日と言っても学会は先月末に行われたので、ざっと一ヶ月くらい期間が空いています。 というのも、この記念品の盾が特注だった為、来るのに期間が空いてしまったのです。 首をながーくしながら待っていたら昨日、研究室に届きこの報告を書いている次第です。   成形加工学会は初めての参加だったので、少し緊張もしましたが多くの先生方にも意見をいただくことが出来て良かったです。 やはりこういう賞はいただけると嬉しいもので、この盾も大事にしたいと思います。     今回の受賞はひとえに自分だけの結果では無く研究室の先生方含めメンバー皆さんのおかげだと思っています。 再び、このような賞がもらえるよう(もう卒業が迫っていますが…)頑張っていきたいと思います! ありがとうございました!

ポスター賞とったぞ!

Posted 1 CommentPosted in Conference, From Students, LifeLog

修士2年の磯田です。 2017年5月18、19日に京都大学 宇治キャンパスで行われた日本レオロジー学会第44年会に参加して、Best presentation賞(ポスター賞)をいただきました。   副賞で学会名入りボールペンも頂きました。Jet Streamの良いやつです。 今回、受賞できたのは、周りの人から意見をたくさん頂けたからだと思っています。 今回の発表でも貴重な意見を貰えたので、研究に反映させてもっと面白くて、楽しい研究ができるように努力していきます。 皆様、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

IWEAYR-12th 学会発表

Posted Leave a commentPosted in Conference, From Students

2017年 2/8〜2/11に開催された学会IWEAYR-12thに増渕研究室から研究員二人、M1三人、B4二人の計七人で参加してきました。 学会の思い出を夏目の視点からお伝えします。 IWEAYRは東アジアの若年のレオロジストのための学会です。今年の開催場所はタイのパタヤです。パタヤはリゾート地として有名で、多くの観光客が集まります。今回の会場のホテルも、目の前に壮大な海が広がるまさにリゾートホテルでした。 ⬆️会場のホテルと同期の久世くん 学会は主な行事はポスタープレゼン発表、ポスター発表、エクスカーション(遠足)の三つです。 それぞれについて書いていこうと思います。 ・ポスタープレゼン発表 ポスタープレゼン発表は5分間の口答発表です。後にあるポスター発表を見に来ていただくための宣伝をするような感じです。 初めての学会発表、しかも英語でということもあり、とても緊張しました。 先生方や先輩方に何回も発表を見ていただいた甲斐があり、なんとか無事に終えることができました。 また、他の学生さんの発表も聞き自分の発表の至らなさを実感しました。 ⬆️ポスタープレゼン発表の会場 ・ポスター発表 ポスター発表は30分の持ち時間で自分の研究を詳しく発表する機会です。 僕はタイの女性教授から英語で質問攻めされ、とても焦りました。 言いたいことをうまく伝えられたかはわかりませんが、初めての人と英語で話すという貴重な機会を得られて良かったです。 ・エクスカーション(遠足) 学会の参加者全員でバスに乗って、Nong Nooch Tropical Botanical Gardenという動物園と植物園を組み合わせたような野外施設に行ってきました。 この野外施設では、間近でトラや象を見ることができたり、様々な植物が飾られていたりしました。  ⬆️ 象 ⬆️ サボテン 敷地はとても広く、僕たちは小型バスで移動しながらの観光となりました。 最後には、タイのダンスや象のショーを間近で見ることができました。 残念であったのがグループアクティビティがなかったことです。せっかくの国際学会であるのにほとんど他国の学生さんと交流できなかったことが心残りです。 二年後のIWEAYRは名古屋で開催されるそうです。その時僕はM2で、学会の運営をすべき立場であるので英語でのコミュニケーション能力を高めないといけないなと感じました。 今回の学会は僕にとって初めての学会で、しかも国際学会ということで学会に出るまでの準備がとても大変でした。 ですが、初めての経験になることがとても多く、楽しかったです。 今回の学会発表にあたりご協力をいただきました多くの方々に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。 来年の韓国でのIWEAYR-13thにも出られるよう、この一年研究を頑張っていきたいと思います。 以上、夏目でした。