News

Announcement

  • 2019年卒研配属に関するご案内は「こちら」です
  • Mr. Kusada and Ms. Inoue got the best poster award in the 66th discussion meeting of the Society of Rheology, Japan on Oct. 18th.
  • A new phD candidate from China, Ms Lixin Yang, has joined the group on Oct. 1st.
  • 2018年度前期の線形代数1の成績分布はこちらを御覧ください.
  • 2018年度前期の応用物性の成績分布はこちらを御覧ください.
  • 畝山多加志先生が4月1日に着任され,新規配属B4および新規M1も加わりました.メンバーはこちらをご覧ください.
  • 卒研配属や大学院受験などについてはこちらをご覧ください.
  • 論文や学会発表はこちらにリストしてあります.See this page for recent activities including the publications and presentations.

Recent Blog Entries

  • 卒研配属希望の3年生の方へ(2019年版)
    当研究室に興味を持ってくださり,ありがとうございます.ガイダンスで案内があったように,当研究室のオフィシャルな訪問日程などは以下となっています. 日時:1月21日(月)の4限目と1月22日(火)の演習終了後 場所:工学部3号館北館3階の331号室をお尋ねください.(中館の331講義室ではありません) […]
  • Prof Briels, Oct 2018
    Last few months, I was not in a mood to write an article to this blog. I had many documents to finish up, and for some of them, I could not keep the schedule and missed the deadline. For some other […]
  • ポスター賞もらいました!
     こんにちは,M1の草田です!先日,博多で行われたレオロジー討論会でポスター賞をいただきました! ポスター発表当日,会場に行ってみると自分の発表位置が部屋の奥のすみっこ...見に来てくれる人がいるか不安でしたが,増渕先生の宣伝効果もあり,とても多くの方に来ていただけました!そしてたくさんの意見をいただくことができ,大変有意義な発表となりました.この場を借りてお礼申し上げます. […]
  • 学会デビューでポスター賞! 〜レオロジー学会〜
    こんにちは。修士1年の井上です(^ ^) 今回は2018年10月17日〜19日に福岡で行われたレオロジー討論会に参加してきましたのでご報告。 […]
  • Mr Kusada and Ms Inoue won the best poster award in the Rheo Soc Jap meeting
    We had the 66th discussion meeting of the Society of Rheology, Japan, in Hakata from Oct 17 to 19. I am deeply involved in this specific society in many aspects. For example, I was in charge of the […]
  • 線形代数1: 2018
    物理工学科1年生向け,線形代数1の成績分布は以下のようになりました. S: 5 A: 25 B: 16 C: 7 F: 6 欠: 1 […]
  • 応用物性(2018前期)
    2018年前期の応用物性(物理工学科4年生選択)の成績分布を示します.この講義は増渕が担当するようになってからソフトマター物理学の平衡論を扱っています.話題としてはスポーツドリンク,おかゆ,牛乳,泡,液滴,ゴム,などで.それらの物性を統計力学で議論するという内容です. 以下のような成績分布となりました. 全受講者数:63名 S:5名 A:4名 B:2名 C:6名 D:0名 欠席:46名 […]
  • Visiting Prof Quan Chen in Changchun
    In the last week, I went to Changchun, China, to visit Prof. Quan Chen, who is the young, talented rheologist. He got his Ph.D. in Kyoto under the guidance of Prof. Watanabe, and I shared his Ph.D. […]
  • Impact factors for rheology related journals
    For a business presentation in the annual meeting of the Society of Rheology, Japan, I have made the database scanning to obtain the recent impact factors for rheology related journals. The result is […]
  • Attending AERC2018 Sorrento
    In the last week I went to Sorrento, Italy, to attend the annual European rheology conference this year. The photo above is Mt Vesuvio from Sorrento. Because the European meeting is usually held in […]