Activities

This page shows a list of recent activities. See the activities in FY2015, FY2016, FY2017, and FY2018. (FY means fiscal year, which starts in April and runs till March, in the Japanese system.)

Papers

  1. Takaya Hirayama, Takashi Uneyama, and Yuichi Masubuchi, “Characterization of critical gel state of polyamides by viscoelastic, thermal, and IR measurements”, Rheologica Acta, 58(5), 281-290 (2019) doi:10.1007/s00397-019-01136-0.
  2. Yuichi Masubuchi, and Takashi Uneyama, “Retardation of Reaction Kinetics of Polymers due to Entanglement in Post-Gel Stage in Multi-Chain Slip-Spring Simulations”, Soft Matter, 2019, 15, 5109 – 5115DOI: 10.1039/C9SM00681H.
  3. T. Uneyama, F. Nakai and Y. Masubuchi, “Effect of Inertia on Linear Viscoelasticity of Harmonic Dumbbell Model”, to appear in Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.) 47 (2019).
  4. Y. Hachiya, T. Uneyama, T. Kaneko and T. Akimoto, “Unveiling diffusive states from center-of-mass trajectories in glassy dynamics”, to appear in J. Chem. Phys. 151, 034502 (2019) doi:10.1063/1.5100640.
  5. T. Miyaguchi, T. Uneyama, and T. Akimoto, “Brownian motion with alternately fluctuating diffusivity: Stretched-exponential and power-law relaxation”, to appear in Phys. Rev. E 100, 012116 (2019) doi:10.1103/PhysRevE.100.012116.

Conferences

  1. 斉藤麻亜久, 畝山多加志, 増渕雄一, “ポリ(3-ヘキシルチオフェン)粒子分散液のER効果の粒子濃度依存性”, 日本レオロジー学会第46年会(2019/5/8), 京都, ポスター発表P37
  2. 後藤一真, 畝山多加志, 増渕雄一, “粒子の吸着・脱離を考慮したセルオートマトン法による分散系の詰まりの解析”, 日本レオロジー学会第46年会(2019/5/8), 京都, ポスター発表P38
  3. 広井紀彦, 畝山多加志, 増渕雄一, “多体散逸粒子動力学法への過渡結合の導入と緩和時間の結合寿命依存性”, 日本レオロジー学会第46年会(2019/5/8), 京都, ポスター発表P39
  4. 佐々木弘至, 畝山多加志, 増渕雄一, “スメクチック状に配向した繊維を含む複合材料のヤング率”, 日本レオロジー学会第46年会(2019/5/8), 京都, ポスター発表P34
  5. 仲井文明, 畝山多加志, 増渕雄一, “流体中の大粒子の特異な振動機構:密度による機構の変化”, 日本レオロジー学会第46年会(2019/5/8), 京都, ポスター発表P15
  6. Lixin Yang, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi, “Linear viscoelastic parameters of Poly(Propylene Carbonate) with different molecular weight distributions”, 日本レオロジー学会第46年会(2019/5/8), 京都, ポスター発表P33
  7. 木津悠,山本哲也, 畝山多加志, 増渕雄一, “モンモリロナイトがアガロースゲルの力学物性に与える影響”, 日本レオロジー学会第46年会(2019/5/8), 京都, ポスター発表P30
  8. 井上夏,  畝山多加志, 増渕雄一,”種々の繊維濃度におけるFRPの伸長粘弾性”,日本レオロジー学会第46年会(2019/5/8),京都, ポスター発表P41
  9. Yuichi Masubuchi, “Multi-Chain Simulations for Entangled Polymer Dynamics”, The 30th Anniversary Symposium of the Korean Society of Rheology (2019/5/23), Seoul, Korea, 招待講演
  10. 草田慧, 畝山多加志, 増渕雄一, “ナノ粒子高分子の急速沈殿におけるダイナミクス”, 第68回高分子学会年次大会(2019/5/29-31), 大阪, ポスター発表2Pd046
  11. 畝山多加志, “高分子ダイナミクスのメソスケール粗視化シミュレーション”, 第68回高分子学会年次大会(2019/5/29-31), 大阪, 招待講演
  12. 畝山多加志, “高分子溶融体・濃厚溶液の構造とダイナミクス”, 19-1 高分子学会講演会「高分子のダイナミクスとその分子メカニズム」 (2019/7/10), 東京, 招待講演

Organized Seminars and Workshops

  1. 研究室内セミナー, 齊藤尚平(京都大学),「羽ばたく光機能分子群FLAPの開発と応用
    〜蛍光粘度プローブ・光融解接着材料・蛍光応力プローブ〜」,2019/4/1.
  2. 研究室内セミナー, 土井正男(北京航空航天大学),「Onsager Principle for SoftMatter Physics」,2019/4/19.
  3. 2019年度レオロジー物理工学研究会「協同現象とブラウン運動」
    (併催:第401回物性談話会,第8回物質科学談話会), 2019/6/13.

Social Activities

  1. 増渕雄一,名古屋大学大学院工学研究科計算科学連携教育研究センター副センター長,物質科学専攻:就職担当,ナショナルコンポジットセンター運営委員
  2. 増渕雄一,日本レオロジー学会理事,および学会誌編集委員長,第67回レオロジー討論会セッションオーガナイザー
  3. 増渕雄一,高分子学会東海支部常任幹事
  4. 畝山多加志, 日本レオロジー学会 代表委員

Funding

  1. 増渕雄一(研究代表者),山本哲也,畝山多加志,平成29年度-平成31年度 科研費基盤A「高分子ナノ粒子混合系における分子ダイナミクスの計算手法開発」番号:17H01152 直接経費予算総額 35,100千円(予定)
  2. 増渕雄一(研究代表者)平成30年度-平成31年度 新学術領域研究(研究領域提案型):材料離散幾何解析:公募研究:「高分子からみあいの階層的記述」番号:18H04483 直接経費予算総額 17,800千円(予定)
  3. 山本哲也(研究代表者), 平成30年度-平成32年度, 科学研究費補助金基盤研究C「コヒーシンの浸透圧によるDNAループの形成機構」番号:18K03558 直接経費予算総額 2,000千円(予定)
  4. 山本哲也(研究代表者), 平成30年度-平成33年度, JST戦略的創造研究推進事業さきがけ 「DNAのクラスター形成による転写制御の物理」番号:JPMJPR18KA 直接経費予算総額 18,000千円 (予定)
  5. 山本哲也(研究代表者),2019-2020年度,新学術領域研究(研究領域提案型):遺伝子制御の基盤となるクロマチンポテンシャル:公募研究:「ヒストン修飾のダイナミクスが誘起するクロマチンブラシの相分離と転写ダイナミクス」番号:19H05259 直接経費予算総額 1,820千円(予定)
  6. 畝山多加志(研究代表者),増渕雄一, 2019-2024年度, 科研費基盤B「ガラス転移温度以下の温度における高分子ガラスの緩和挙動」番号:19H01861 直接経費予算総額 17,550千円(予定)

Industrial Collaborators

  • 住友ゴム
  • 太陽化学

Awards

  1. 畝山多加志, 第8回新化学技術研究奨励賞, “高分子材料開発に向けたメソスケール粗視化モデリングの発展”, 新化学技術推進協会, 2019/6/6.

Miscellaneous

  1. 増渕雄一,”高分子のからみあい”,物質と幾何セミナー(第6回),名古屋,5月14日
  2. 増渕雄一,”成形加工を理解するための高分子レオロジー入門”,R&D支援センターセミナー,大阪,6月2日
  3. 山本哲也, “ヒストン修飾のダイナミクスが誘起するクロマチンブラシの相分離と転写ダイナミクス”, 第二回クロマチン潜在能領域会議, 愛知(蒲郡), 2019/6/20-22
  4. Y. Doi, T. Uneyama, M. Hayashi, S. Nobukawa, and Y. Masubuchi, “Conference Report for IWEAYR-14 in Nagoya”, Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.) 47, 123-126 (2019).