Activities

This page shows a list of recent activities. See the activities in FY2015, FY2016, FY2017, FY2018, FY2019, and FY2020 (FY means fiscal year, which starts in April and runs till March, in the Japanese system.)

Papers

  1. Yuichi Masubuchi, “Elasticity of randomly cross-linked networks in primitive chain network simulations”, arXiv:2011.03225 (Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.) in print)
  2. Takashi Uneyama, “Linear Viscoelasticity of Dumbbells Interacting via Gaussian Soft-Core Potential”, to appear in Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.), arXiv:2011.12524.
  3. Yuichi Masubuchi, Giovanni Ianniruberto, and Giuseppe Marrucci, ” Primitive Chain Network Simulations of Entangled Melts of Symmetric and Asymmetric Star Polymers in Uniaxial Elongational Flows”, arXiv:2101.06819 (Nihon Reoroji Gakkaishi, the memorial issue for Prof. Kotaka, in print)
  4. Yuichi Masubuchi, Yuya Doi, and Takashi Uneyama, “Multi-chain slip-spring simulations with various slip-spring densities”, arXiv:2011.03222 (Macromolecules, under review)

Conferences

Organized Events

  1. レオロジー物理工学講演会:北垣亮馬先生「建設系⾼分⼦材料の⻑期性能に関する近年の研究動向」,⽯⽥崇⼈氏「⼯業⽤⾼分⼦材料の光劣化機構の解明と劣化予測モデル構築へ向けたいくつかの試み」,2021/4/12

Social Activities

  1. 増渕雄一,物質科学専攻:教務担当,ナショナルコンポジットセンター:運営委員
  2. 増渕雄一,日本レオロジー学会理事,および学会誌編集委員長,第69回レオロジー討論会セッションオーガナイザー
  3. 増渕雄一,高分子学会東海支部常任幹事,高分子年次大会実行委員
  4. 畝山多加志, 日本レオロジー学会 代表委員
  5. Yuichi Masubuchi, Pacifichem 2020 Hawaii, Session Organizer
  6. Yuichi Masubuchi, International committee of Rheology, Japanese representative
  7. 土肥侑也,第180回東海高分子研究会幹事

Funding

  1. 増渕雄一,畝山多加志,2019(Oct)-2025(Mar) JST-CREST, 「高分子網目での結晶化を考慮した粗視化シミュレーション技術の開発」(「ゲルのロバスト強靱化機構の解明と人工腱・靱帯の開発(代表者:酒井崇匡(東大)番号:JPMJCR1992)47,800千円(予定)
  2. 畝山多加志(研究代表者),増渕雄一, 2019-2024年度, 科研費基盤B「ガラス転移温度以下の温度における高分子ガラスの緩和挙動」番号:19H01861 直接経費予算総額 17,550千円(予定)
  3. 畝山多加志(研究代表者),2019-2022年度, JST戦略的創造研究推進事業さきがけ(力学機能のナノエンジニアリング)「疑似自由度を用いたメソスケール粗視化モデリング」, 番号: JPMJPR1992, 直接経費予算総額 30,000千円(予定)
  4. 畝山多加志(研究代表者),2020-2021年度, 科研費新学術領域(公募), 「ゆらぐ過渡的ネットワークの構造とレオロジーの解析」, 番号: 20H04636 直接経費総額 7,410千円 (予定)
  5. 畝山多加志(研究代表者),2020-2022年度, 科研費学術変革領域B, 「高分子鎖切断の引き起こす構造変化と物性変化のシミュレーション」, 番号: 番号 20H05736, 直接経費総額 28,500千円 (予定)
  6. 土肥侑也(研究代表者),2021年1月-2021年12月,小笠原敏晶記念財団2020年度一般研究助成,「新規固体高分子電解質の調製とそのイオン伝導機構の分子論的解明」
  7. 土肥侑也(研究代表者),2021年4月-2022年3月,矢崎科学技術振興財団2020年度奨励研究助成,「新規固体高分子電解質の調整とイオン伝導機構解明」

Industrial Collaborators

  • 住友ゴム(増渕)
  • 太陽化学(増渕)
  • 三菱ケミカル(畝山,増渕)
  • 東レ(畝山)