Activities

This page shows a list of recent activities. See the activities in FY2015, FY2016, FY2017, FY2018, FY2019, FY2020, and FY2021. (FY means fiscal year, which starts in April and runs till March, in the Japanese system.)

Papers

  1. Yuichi Masubuchi, Yuya Doi, and Takashi Uneyama, “Effects of slip-spring parameters and Rouse bead density on polymer dynamics in multi-chain slip-spring simulations”, J. Phys. Chem. B, 126(15), 2930–2941 (2022) https://doi.org/10.1021/acs.jpcb.2c00697 (invited for Doros N. Theodorou Festschrift, and selected for the cover art of issue 15, 2022)
  2. Yuichi Masubuchi, Lixin Yang, Takashi Uneyama and Yuya Doi, “Primitive chain network simulations for shear rheology of poly(propylene carbonate) melts”, Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.), in print.
  3. Yuichi Masubuchi, Ryohei Yamazaki, Yuya Doi, Takashi Uneyama, Naoyuki Sakumichi, and Takamasa Sakai, “Brownian simulations for tetra-gel-type phantom networks composed of prepolymers with bidisperse arm length”, Soft Matter (invited paper for the themed collection on polymer networks), https://doi.org/10.1039/D2SM00488G
  4. Takashi Uneyama, “Application of Projection Operator Method to Coarse-Grained Dynamics with Transient Potential”, Phys. Rev. E 105, 044117 (2022).
  5. Takashi Uneyama, “Linear Response Theory of Scale-Dependent Viscoelasticity for Overdamped Brownian Particle Systems”, Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.) 50, 275-286 (2022).
  6. Takashi Uneyama, Tatsuma Oishi, Takato Ishida, Yuya Doi, and Yuichi Masubuchi, “Stress Tensor of Single Rigid Dumbbell by Virtual Work Method”, to appear in Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.).
  7. Kota Aoki, Ayae Sugawara-Narutaki, Yuya Doi, and Rintaro Takahashi, “Structure and Rheology of Poly(Vinylidene Difluoro-co-Hexafluoropropylene) in an Ionic Liquids: the Solvent Behaves as a Weak Cross-Linker Through Ion-Dipole Interactions”, Macromolecules, 55(13), 5591-5600 (2022). DOI: 10.1021/acs.macromol.2c00485
  8. Yuya Doi, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, and Yushu Matsushita, “Terminal Relaxation Behavior of Entangled Linear Polymers Blended with Ring and Dumbbell-Shaped Polymers in Melts”, Rheol. Acta, accepted. DOI: 10.1007/s00397-022-01355-y (Invited special early-career issue on “Trends and Progress in Rheology”)
  9. Yuya Doi, Jinya Kitamura, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, and Yushu Matsushita, “Viscoelastic Properties of Comb-Shaped Ring Polystyrenes”, Polym. J., accepted. DOI: 10.1038/s41428-022-00686-0 (Invited special issue on “Rising Stars 2022”)

Reviews

  1. 畝山多加志, “過渡ポテンシャルを用いたソフトマテリアルの粗視化モデリング”, 材料, 採択決定 (2022).
  2. 増渕雄一, “高分子のダイナミクス:重要性と理論/計算による予測の困難”, ペトロテック(石油学会会誌), 招待総説, 印刷中 (2022).
  3. 増渕雄一, “49巻ふりかえり”, Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.), 印刷中 (2022).

Conferences

  1. Yuichi Masubuchi, “Primitive chain network simulations for non-linear viscoelasticity of poly (propylene carbonate) melts”, 37th Meeting of Polymer Processing Society, Fukuoka, Japan, G12-141 (2022/4/14) Keynote lecture.
  2. 土肥侑也,”中性子散乱測定による新規固体高分子電解質の構造とダイナミクスの評価”,東大物性研短期研究会2022:中性子散乱研究会 -海外実験支援プログラムの成果報告と、再稼働したJRR-3の現在地- (2022/4/19),SANS-Uユーザー講演2,オンライン.
  3. 北村仁哉,土肥侑也,増渕雄一,畝山多加志,”絡み合い高分子系の線形粘弾性の揺らぐ拡散係数に基づく粗視化モデル”,日本レオロジー学会第49年会(2022/5/12) SOP01, ショートオーラルプレゼンテーション, オンライン.
  4. 榎本圭吾,  土肥侑也,  畝山多加志,  増渕雄一,  “回転自由度を導入したMPS法による溶液中の孤立繊維の回転運動の計算”,  日本レオロジー学会第49年会 (2022/5/12, 13)  SOP4,  ショートオーラルプレゼンテーション, オンライン
  5. 磯田龍矢,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,”板状ナノクレイ/PEO/水分散液における粘度の温度依存性”,日本レオロジー学会第49年会 (2022/5/12),SOP05,ショートオーラル発表,オンライン.
  6. 鈴木海渡,土肥侑也,増渕雄一,畝山多加志,”分子量の違う対称ABA型トリブロック共重合体で構成されるブレンド物のラメラ構造のSCF計算”,日本レオロジー学会第49年会(2022/05/12,13) SOP11, オンライン, ショートオーラルプレゼンテーション
  7. 大石達真,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,”ダンベル状分子のソーレ係数における粒子間ポテンシャルの引力の有無の効果”,日本レオロジー学会第49年会 (2022/5/12),SOP13,ショートオーラル発表,オンライン.
  8. 山脇悠矢,土肥侑也,増渕雄一,畝山多加志,”カルボニル鉄/シリカ粒子混合MR流体の動的粘弾性測定”,日本レオロジー学会第49年会(2022/05/12,13) SOP17, オンライン, ショートオーラルプレゼンテーション
  9. 仲井 文明,増渕 雄一,土肥 侑也,畝山 多加志,”2成分気体中の軽い粒子の長時間に及ぶ非ガウス的拡散挙動”,日本レオロジー学会第49年会(2022/05/12,13) SOP19,オンライン,ショートオーラルプレゼンテーション,
  10. 市川千陽,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一, ”ポリスチレンガラスの粘弾性の副緩和におけるエージング温度および時間の効果”, 日本レオロジー学会第49年会 (2022/5/12, 13) SOP24,  ショートオーラルプレゼンテーション, オンライン
  11. 土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,高野敦志,高橋良彰,松下裕秀,”環状くし型高分子の線形粘弾性解析”,日本レオロジー学会第49年会 (2022/5/13),03,オンライン.
  12. Takashi Uneyama, “Mesoscopic Coarse-Grained Modeling for the Effect of Polymer Degradation on Rheological Properties”, 2022 MRS Spring Meeting (Virtual), Online, EN07.09.03 (2022/5/23) Invited Talk.
  13. 白石達也, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一,”PEO系高分子電解質のイオン伝導度と構造緩和時間の関係がスクシノニトリルの添加から受ける影響”,第71回高分子学会年次大会(2022/5/25~27) 2P1A015, オンライン, ポスター発表
  14. Yuya Doi, Haruka Kizu, Takumitsu Kida, Takashi Uneyama and Yuichi Masubuchi, ”Effect of Bentonite on Gelation of Acrylamide”, 第71回高分子学会年次大会 (2022/5/27),3J16,オンライン.
  15. 増渕雄一,”レオロジー入門”,日本レオロジー学会レオロジーイブニングセミナー2022年度第1回(2022/5/31),招待講演
  16. 増渕雄一,”レオロジーのグラフと読み方”, 日本レオロジー学会レオロジー講座・基礎編(2022/6/6),招待講演
  17. 安井翔一, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, 伊藤景子, 寺田真利子, 山中淳彦, ”異なる繊維長分布をもつ炭素繊維強化ポリプロピレンの定常伸長粘度”,プラスチック成形加工学会 第33回年次大会(2022/6/16), オンサイト, ポスターセッションおよび口頭発表
  18. 増渕雄一,”高分子の粗視化分子シミュレーション”, 第2回CRESTナノ力学研究会 (2022/6/25),オンライン,招待講演

Awards

  • 仲井文明,日本レオロジー学会ベストプレゼンテーション賞,2022/5/12  
  • 大石達真,日本レオロジー学会ベストプレゼンテーション賞,2022/5/12  
  • 山脇悠矢,日本レオロジー学会ベストプレゼンテーション賞,2022/5/12  

Organized Events

  • 細野暢彦先生(東京大学准教授),第422回物性談話会「多孔性結晶による高分子の認識と分離」,2022/4/25
  • 佐藤浩昭先生(産業技術総合研究所),レオロジー物理工学セミナー「産業界における有機高分子材料の課題解決に役立つ材料診断の取り組み:材料診断の取り組みの概要」2022/6/2
  • 萩原英昭先生(産業技術総合研究所),レオロジー物理工学セミナー「産業界における有機高分子材料の課題解決に役立つ材料診断の取り組み:材料診断の各技術紹介」2022/6/2 

Social Activities

  1. 増渕雄一,工学研究科社会連携委員会:副委員長,ナショナルコンポジットセンター:運営委員
  2. 増渕雄一,日本レオロジー学会理事,および学会誌編集委員長,第69回レオロジー討論会セッションオーガナイザー
  3. 増渕雄一,高分子学会理事,および東海支部庶務幹事
  4. 増渕雄一,JSTさきがけ「持続可能な材料設計に向けた確実な結合とやさしい分解[サステイナブル材料]」(研究統括:岩田忠久先生)領域アドバイザー
  5. Yuichi Masubuchi, The 37th International Conference of the Polymer Processing Society (PPS-37), Fukuoka, 2022, Member of the organizing committee
  6. Yuichi Masubuchi, Pacific Rim Conference on Rheology 2022, Session Organizer
  7. Yuichi Masubuchi, International Congress on Rheology 2023, Session Organizer
  8. Yuichi Masubuchi, The 13th International Polymer Conference 2023, Member of the organizing committee
  9. Yuichi Masubuchi, International committee of Rheology, the Japanese delegate
  10. 畝山多加志, 日本レオロジー学会 代表委員
  11. 土肥侑也, 第183回東海高分子研究会講演会(夏期研究会)幹事

Funding

  1. 増渕雄一,畝山多加志,2019(Oct)-2025(Mar) JST-CREST, 「高分子網目での結晶化を考慮した粗視化シミュレーション技術の開発」(「ゲルのロバスト強靱化機構の解明と人工腱・靱帯の開発(代表者:酒井崇匡(東大)番号:JPMJCR1992)47,800千円(予定)
  2. 増渕雄一(研究代表者),畝山多加志,土肥侑也,2022-2024年度,科研費基盤B「からみあい高分子系の汎用高速計算法」,番号22H01189,直接経費総額(予定) 13,300千
  3. 畝山多加志(研究代表者),増渕雄一, 2019-2024年度, 科研費基盤B「ガラス転移温度以下の温度における高分子ガラスの緩和挙動」番号:19H01861 直接経費予算総額 17,550千円(予定)
  4. 畝山多加志(研究代表者),2019-2022年度, JST戦略的創造研究推進事業さきがけ(力学機能のナノエンジニアリング)「疑似自由度を用いたメソスケール粗視化モデリング」, 番号: JPMJPR1992, 直接経費予算総額 30,000千円(予定)
  5. 畝山多加志(研究代表者),2020-2022年度, 科研費学術変革領域B, 「高分子鎖切断の引き起こす構造変化と物性変化のシミュレーション」, 番号: 番号 20H05736, 直接経費総額 28,500千円 (予定)
  6. 土肥侑也(研究代表者),2021-2022年度,科研費若手研究,「環状高分子の流動下における非平衡構造とダイナミクス」,番号:21K14682,直接経費予算総額 3,600千円(予定)
  7. 土肥侑也(研究代表者),2021年7月-2022年6月,池谷科学振興財団2021年度研究助成,「サイズ/形状が均一な二次元シート状高分子の調製」,番号:0331116-A,予算総額 1,200千円
  8. 土肥侑也(研究代表者),2022年1月-2023年3月,島津科学技術振興財団2021年度研究開発助成,「2種の高速液体クロマトグラフ法による二次元シート状高分子の単離精製」,予算総額 1,000千円
  9. 土肥侑也(研究代表者),2022年1月-2023年3月,ENEOS東燃ゼネラル研究奨励・奨学会第41回(2021年度)研究助成,「新規“Polymer in Salt”型固体高分子電解質のイオン伝導機構解明」,予算総額 1,000千円
  10. 土肥侑也(研究代表者),2022年3月-2023年3月,第54回リバネス研究費東洋紡高分子科学賞,「単分散二次元シート状高分子の調製とキャラクタリゼーション」,予算総額 500千円
  11. 土肥侑也(研究代表者),2022年6月-2023年5月,内藤科学技術振興財団2022(令和4)年度(第34回)研究助成,「新規固体高分子電解質のイオン伝導機構解明」,予算総額 1,000千円

Industrial Collaborators

  • 住友ゴム(増渕)
  • 太陽化学(増渕)
  • 三菱ケミカル(畝山,増渕)
  • 東レ(畝山)