Activities

This page shows a list of recent activities. See the activities in FY2015, FY2016, FY2017FY2018, and FY2019 (FY means fiscal year, which starts in April and runs till March, in the Japanese system.)

Papers

  1. Fumiaki Nakai, Yuichi Masubuchi and Takashi Uneyama, “Short time dynamics of tracer in ideal gas” Physical Review E (2020).
  2. Yuya Doi, Atsushi Takano, Yoshiaki Takahashi, and Yushu Matsushita, “Melt Rheology of Tadpole-Shaped Polystyrenes with Different Ring Sizes”, Soft Matter, 16, 8720-8724 (2020). DOI: 10.1039/D0SM01098G
  3. Yuichi Masubuchi, Yuya Doi, and Takashi Uneyama, “Primitive chain network simulations for the interrupted shear response of entangled polymeric liquids”, Soft Matter, 16, 6654-6661 (2020). DOI: 10.1039/D0SM00654H
  4. Takashi Noda, Yuya Doi, Yutaka Ohta, Shin-ichi Takata, Atsushi Takano, and Yushu Matsushita, “Preparation, Characterization and Dilute Solution Properties of Four-Branched Cage-Shaped Poly(Ethylene Oxide)”, Journal of Polymer Science 58, 2098-2107 (2020). DOI: 10.1002/pol.20200286
  5. Tetsuya Yamamoto, Yuichi Masubuchi, and Masao Doi, “Fracture strain of composite with non-uniformly distributed reinforcing fibers”, Journal of Rheology 64, 933-939 (2020). DOI: 10.1122/8.0000046.
  6. Takashi Uneyama, “Dissipation in Langevin Equation and Construction of Mobility Tensor from Dissipative Heat Flow”, Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.) 48, 65-78 (2020).
  7. Yoshifumi Amamoto, Ken Kojio, Atsushi Takahara, Yuichi Masubuchi, and Takaaki Ohnishi, “Complex Network Representation of the StructureMechanical Property Relationships in Elastomers with Heterogeneous Connectivity”, Patterns, 1, 100135 (2020). DOI: 10.1016/j.patter.2020.100135
  8. Yuichi Masubuchi, “Elasticity of randomly cross-linked networks in primitive chain network simulations”, arXiv:2011.03225 (Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.) in print)
  9. Yuichi Masubuchi, Yuya Doi, and Takashi Uneyama, “Multi-chain slip-spring simulations with various slip-spring densities”, arXiv:2011.03222 (Macromolecules, under revision)
  10. Yuichi Masubuchi, Dimitris Vlassopoulos, Giovanni Ianniruberto, and Giuseppe Marrucci, “Wall slip in primitive chain network simulations of shear startup of entangled polymers and its effect on the shear stress undershoot”, arXiv:2011.10178 (submitted to Journal of Rheology)

Reviews

  1. Yuichi Masubuchi, Yuya Doi, and Takashi Uneyama, “Entanglement Molecular Weight”, Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.), 48, 177-183 (2020). DOI:10.1678/rheology.48.177
  2. Giovanni Ianniruberto, Giuseppe Marrucci, and Yuichi Masubuchi, “Melts of Linear Polymers in Fast Flows”, Macromolecules, 53, 5023–5033 (2020), DOI: 10.1021/acs.macromol.0c00693
  3. 畝山多加志, “からみあった高分子のメソスケールモデリングの進展”, 分子シミュレーション学会誌 “アンサンブル” 22, 210-215 (2020)
  4. 畝山多加志, “ゆらぐ拡散係数を用いた拡散・緩和現象の記述”, 分子シミュレーション学会誌 “アンサンブル” 22, 134-141 (2020)

Conferences

  • 増渕雄一,”高分子レオロジーの基礎”,日本接着学会「基礎を深く学ぶ接着基礎講座」(2020/11/17),オンライン,招待講演
  • 土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,Orsolya Czakkel,”中性子スピンエコーによるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共合体電解質の高分子ダイナミクスの評価“,日本中性子科学会第20回年会(2020/11/9)09pPS-11,オンライン,ポスター発表
  • 土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,”ポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共合体電解質の高分子ダイナミクスとイオン伝導性“,2020年度高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会・高分子ナノテクノロジー研究会合同討論会(2020/11/5)26,オンライン
  • 増渕雄一,”断続せん断流下の高分子液体の多体スリップリンクシミュレーション”,2020年度高分子基礎物性研究会・高分子計算機科学研究会・高分子ナノテクノロジー研究会合同討論会(2020/11/5)23,オンライン
  • 仲井文明,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,”任意次元における理想気体中の粒子の衝突による速度変化”,第13回西日本支部学生ワークショップ(2020/10/23)発表10,オンライン,口頭発表
  • 楊麗欣,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,”Nonlinear elongational rheology of poly(propylene carbonate)”,第13回西日本支部学生ワークショップ(2020/10/23)発表4,オンライン,口頭発表
  • 土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,”ポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共合体電解質の高分子ダイナミクスの評価“,第68回レオロジー討論会(2020/10/22)2A07,オンライン
  • 畝山多加志, “ミクロスケール運動モデルからの過渡ポテンシャルダイナミクスの導出”, 第68回レオロジー討論会 (2020/10/22), 2C05, オンライン
  • 増渕雄一,”高分子からみあい系の束縛開放効果の分子量依存性”,第68回レオロジー討論会(2020/10/22)2C04,オンライン
  • 角田俊介,新美圭五,相原利昭,宮本圭一,増渕雄一 “多糖類微細ゲルの飲食品に対する流動性改善効果について”,第68回レオロジー討論会(2020/10/22)2B02,オンライン
  •  仲井文明,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,”任意次元における理想気体中の粒子の衝突による速度変化”,第68回レオロジー討論会(2020/10/22,23)P35,オンライン,ポスター発表
  • 広井紀彦,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,”過渡結合MDPD法への固体壁の導入”,第68回レオロジー討論会(2020/10/22,23)P34,オンライン,ポスター発表
  • 福永紘平,土肥侑也, 畝山多加志,増渕雄一,”相関長の異なる高分子液体のシミュレーションによる 一般化アインシュタインストークス関係の評価“,第68回レオロジー討論会(2020/10/22,23)P33, オンライン,ポスター発表
  • 木津悠,増渕雄一,  畝山多加志,土肥侑也,”ポリアクリルアミドゲル化過程へのモンモリロナイト混合の影響”,第68回レオロジー討論会(2020/10/22,23)P24, オンライン,ポスター発表
  • 河井俊也,土肥侑也,  畝山多加志,増渕雄一,”断続せん断測定におけるシェービングフォームの降伏時の応力オーバーシュートのせん断速度依存性”,第68回レオロジー討論会(2020/10/22,23)P05, オンライン,ポスター発表
  • 榎本裕太, 土肥侑也,  畝山多加志, 増渕雄一,”溶融した低密度ポリエチレン発泡体のスタートアップせん断測定”,第68回レオロジー討論会(2020/10/22,23)P04, オンライン,ポスター発表
  • 増渕雄一,”多体スリップスプリングモデルの動的自己相似性“,第69回高分子討論会(2020/9/17)2G18,オンライン
  • 土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,Orsolya Czakkel,”中性子散乱によるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共合体電解質の高分子ダイナミクスの評価“,第69回高分子討論会(2020/9/17)2H16,オンライン
  • 土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,Allgaier Juergen,Foerster Stephan,Ohl Michael,”誘電緩和と粘弾性によるポリ(エチレンカーボネート/エチレンオキサイド)共合体電解質のイオン伝導性と高分子ダイナミクスの評価“,第69回高分子討論会(2020/9/17)2Q07,オンライン
  • 楊麗欣,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,”Stress relaxation after uniaxial elongation of PPC melts”,第69回高分子討論会(2020/9/16-18)PB3b01,オンライン,ポスター発表
  • 畝山多加志, “射影演算子法の過渡ポテンシャルダイナミクスへの適用”, 日本物理学会 2020年秋季大会 (2020/9/10)
  • 増渕雄一,”からみあい高分子系のシミュレーション”,第69回高分子学会年次大会(2020/5/27)1A18IL,福岡(コロナで発表会中止,ただし講演は成立)(招待講演)
  • Yuya Doi, Juergen Allgaier, Stephan Foerster and Michael Ohl, “Ion-conduction of poly(ethylene carbonate/ethylene oxide) copolymer-based electrolytes”, 日本レオロジー学会第47年会(2020/5/14) 16, 東京(コロナで発表会中止,ただし講演は成立)
  • 河井俊也,畝山多加志,増渕雄一,”プレシアで誘起されるシェービングフォームの降伏時の応力オーバーシュート”,日本レオロジー年会第47年会(2020/5/13) P21, 東京(コロナで発表会中止,ただし講演は成立)ポスター発表
  • 福永紘平,畝山多加志,増渕雄一,”濃度の異なるPEO水溶液のマイクロ/マクロ粘弾性測定”,日本レオロジー学会第47年会(2020/5/13) P22, 東京(コロナで発表会中止,ただし講演は成立)ポスター発表
  • 榎本裕太,畝山多加志,増渕雄一,”LDPEをマトリックスとする粘弾性発泡体の線形粘弾性測定の解析”,日本レオロジー学会第47年会(2020/5/13) P23, 東京(コロナで発表会中止,ただし講演は成立)ポスター発表
  • 木津悠,畝山多加志,増渕雄一,”モンモリロナイト混合によるポリアクリルアミドのゲル化挙動の変化”,日本レオロジー学会第47年会(2020/5/13) P24, 東京(コロナで発表会中止,ただし講演は成立)ポスター発表
  • 広井紀彦,畝山多加志,増渕雄一,”過渡結合MDPD法によるポリスチレンメルトのキャピラリーシニングのシミュレーション”,日本レオロジー学会第47年会(2020/5/13) P25, 東京(コロナで発表会中止,ただし講演は成立)ポスター発表

Social Activities

  1. 増渕雄一,名古屋大学大学院工学研究科計算科学連携教育研究センター:センター長,物質科学専攻:教務担当,ナショナルコンポジットセンター:運営委員
  2. 増渕雄一,日本レオロジー学会理事,および学会誌編集委員長,第68回レオロジー討論会セッションオーガナイザー
  3. 増渕雄一,高分子学会東海支部常任幹事,第69回高分子討論会特別セッションオーガナイザー
  4. 畝山多加志, 日本レオロジー学会 代表委員
  5. 増渕雄一,International Congress on Rheology in Rio de Janeiro 2020, Session Organizer
  6. 増渕雄一,Pacifichem 2020 Hawaii, Session Organizer

Funding

  1. 増渕雄一,畝山多加志,2019(Oct)-2025(Mar) JST-CREST, 「高分子網目での結晶化を考慮した粗視化シミュレーション技術の開発」(「ゲルのロバスト強靱化機構の解明と人工腱・靱帯の開発(代表者:酒井崇匡(東大)番号:JPMJCR1992)47,800千円(予定)
  2. 畝山多加志(研究代表者),増渕雄一, 2019-2024年度, 科研費基盤B「ガラス転移温度以下の温度における高分子ガラスの緩和挙動」番号:19H01861 直接経費予算総額 17,550千円(予定)
  3. 畝山多加志(研究代表者),2019-2022年度, JST戦略的創造研究推進事業さきがけ(力学機能のナノエンジニアリング)「疑似自由度を用いたメソスケール粗視化モデリング」, 番号: JPMJPR1992, 直接経費予算総額 30,000千円(予定)
  4. 畝山多加志(研究代表者),2020-2021年度, 科研費新学術領域(公募), 「ゆらぐ過渡的ネットワークの構造とレオロジーの解析」, 番号: 20H04636 直接経費総額 7,410千円 (予定)
  5. 畝山多加志(研究代表者),2020-2022年度, 科研費学術変革領域B, 「高分子鎖切断の引き起こす構造変化と物性変化のシミュレーション」, 番号: 番号 20H05736, 直接経費総額 28,500千円 (予定)

Industrial Collaborators

  • 住友ゴム(増渕)
  • 太陽化学(増渕)
  • ミツカン(増渕)
  • 住友化学(増渕)
  • 三菱ケミカル(畝山,増渕)
  • 東レ(畝山)
  • トヨタ自動車(増渕)