Activities

This page shows a list of recent activities. See the activities in FY2015, FY2016, FY2017, FY2018, FY2019, FY2020, FY2021, FY2022, and FY2023 (FY means fiscal year, which starts in April and runs till March in the Japanese system.)

Papers

  1. Yoobin Leem, Ryoma Kitagaki, Takato Ishida, and Hideaki Hagihara, “Long-term stability and water vapor induced degradation of physico-chemical properties of XPS and PF“, Developments in the Built Environment, 18, 100429, 2024.
  2. Yuichi Masubuchi, “Anisotropy of shear relaxation in primitive chain network simulations for entangled polymers confined between flat walls”, in the special issue on interfacial rheology in Nihon Reoroji Gakkaishi (J Soc Rheol Jpn) (invited paper) 52(2), 77-82, (2024). https://doi.org/10.1678/rheology.52.77
  3. Fumiaki Nakai and Takato Ishida, “Analysis of non-Gaussian diffusion of Hydrogen and Oxygen in Cement Paste Using a Two-State Fluctuating Diffusivity Model”,in the special issue on interfacial rheology in Nihon Reoroji Gakkaishi (J Soc Rheol Jpn) (invited paper) 52(2), 83-89, (2024). https://doi.org/10.1678/rheology.52.83
  4. 山脇 悠矢, 石田 崇人, 土肥 侑也, 畝山 多加志, 増渕 雄一, “過剰量のシランカップリング剤による鉄粒子の表面処理がMR流体のレオロジー特性に与える影響”, in the special issue on interfacial rheology in Nihon Reoroji Gakkaishi (J Soc Rheol Jpn) (invited paper) 52(2), 99-105 (2024). https://doi.org/10.1678/rheology.52.99
  5. Yuichi Masubuchi, Hong-Xia Guo, Fan Wang, Bamin Khomami, Mahdi Boudaghi-Khajehnobar, Yuya Doi, Takato Ishida, and Takashi Uneyama, “Dissipative particle dynamics simulation plus slip-springs for entangled polymers with various slip-spring densities”, Macromolecules, https://doi.org/10.1021/acs.macromol.4c00280, also in arXiv:2401.17565
  6. Takato Ishida, Emmanuel Richaud, Hideaki Hagihara, Ryoma Kitagaki, “Estimating Network Lifetime of AUN in Photo-aging by Kinetic modeling and “Degelation” model”, Macromolecular Symposia, in press.
  7. Yuichi Masubuchi, “Primitive chain network simulations for double peaks in shear stress under fast flows of bidisperse entangled polymers,” Polymers 202416(11), 1455; https://doi.org/10.3390/polym16111455 in the special issue on Rheological Properties of Polymers and Polymer Composites due to the invitation from Prof. Stefanou, also in arXiv:2404.14629
  8. Takato Ishida, Yuya Doi, Takashi Uneyama, Yuichi Masubuchi, “Coarse-grained Molecular Dynamics Simulation of Oxidative Aging of Polymers -Effect of free radical diffusivity -“, Polymer Journal, invited as Rising Stars in Polymer Science 2024, submitted.

Conferences

  • 1. 石田崇人,土肥侑也,畝山多加志,増渕雄一,”結晶性高分子の非晶領域に生じる酸化劣化の粗視化分子シミュレーション,”,日本レオロジー学会第51回年会 (2024/5/18),13,名古屋工業大学(名古屋),口頭発表
  • 2. 綾口修八, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一”ゲル-ゲル相分離を定性的に再現する粗視化分子シミュレーションを用いたtetra-ゲルの引張挙動とネットワークトポロジーの関係”,2024年通常総会および第51回年会(2024/5/16,17)P35, 名古屋(名古屋工業大学 御器所キャンパス), ポスター発表
  • 3.冨田京武,石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, “単分散ポリスチレンの熱酸化劣化に伴う分子鎖切断における末端分解の効果と温度依存性” ,2024年通常年会および第51回年会,  ポスター発表,Best Presentation賞 受賞
  • 4. 重倉健人, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, “せん断下でのフォームの構造変化の直接観察”, 日本レオロジー学会第51回年会 (2024/5/16,17), P11, 名古屋工業大学(名古屋), ポスター発表
  • 5. 庄田琢也,石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, “B型粘度計を用いた多数の大きな固体粒子を含む流体の粘度測定における固体粒子間距離が見かけ比粘度に与える影響” ,2024年通常年会および第51回年会(2024/5/16,17), P06, 名古屋工業大学(名古屋),  ポスター発表
  • 6. 石田崇人,”高分子酸化劣化の粗視化分子シミュレーション”,公益社団法人 新化学技術推進協会 高分子WG技術セミナー(2024/5/22),オンライン,招待講演
  • 7. 晴柀和也,石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, “紫外線劣化したポリプロピレンから生成されるマイクロプラスチックのサイズ分布” ,2024年通常年会および第51回年会(2024/5/16,17), P20, 名古屋工業大学(名古屋),  ポスター発表
  • 8. 油野瑞貴, 石田崇人, 土肥侑也, 畝山多加志, 増渕雄一, “P3HT/p-xylene溶液のゲル化温度近傍のレオロジー”, 日本レオロジー学会2024年通常総会及び第51回年会 (2024/5/16,17), P27, 名古屋工業大学(名古屋), ポスター発表

Organized Events

  • to appear

Social Activities

  • 増渕雄一
    • 名古屋大学のお役目:(工学研究科内)物理工学科長,物質科学専攻長,社会連携委員会委員長,広報室長,クリスタルエンジニアリング研究センター運営委員(全学)ナショナルコンポジットセンター副センター長,交響楽団団長,全学オープンキャンパス実行委員,全学ホームカミングデー実行委員,社会連携委員
    • 日本レオロジー学会のお役目:International committee of Rheology, the Japanese delegate,理事,第51回年会実行委員
    • 高分子学会のお役目:理事,東海支部庶務幹事,東海支部推薦委員会委員長
    • 成形加工学会のお役目:アドバイザリーボード
    • 公益機関のお役目:JSTさきがけ「持続可能な材料設計に向けた確実な結合とやさしい分解[サステイナブル材料]」(岩田統括)領域アドバイザー,JST創発研究(龔パネル)アドバイザー,(そのほか言えないお役目いくつか)
    • 国際会議の委員:Member of the organizing committee, Cutting-Edge in Soft Matter Science 2024: Member of the organizing committee, Annual European Conference on Rheology 2025: Session Organizer, PacifiChem 2025: Session Organizer, International Congress on Rheology 2027: Advisory Board., International Rubber Conference 2028: Member of the organizing committee
    • 雑誌の編集委員:Rheologica Acta, Applied Rheology
  • 畝山多加志
    • 日本レオロジー学会:学会誌副編集委員長,代表委員
    • 新化学技術推進協会フロンティア連系委員会技術部会技術顧問
  • 石田崇人
    • 高分子分析研究懇談会,運営委員
    • 日本建築学会 材料施工委員会 内外装材運営委員会 発泡プラスチック断熱材の長期性能に関する検討WG 委員
    • 国際材料構造試験研究機関・専門家連合(RILEM)ワーキンググループ「Degradation of organic coating materials and its relation to concrete durability」委員

Funding

  • 増渕雄一,畝山多加志,2019(Oct)-2025(Mar) JST-CREST, 「高分子網目での結晶化を考慮した粗視化シミュレーション技術の開発」(「ゲルのロバスト強靱化機構の解明と人工腱・靱帯の開発(代表者:酒井崇匡(東大)番号:JPMJCR1992)47,800千円(予定)
  • 増渕雄一(研究代表者),畝山多加志,2022-2024年度,科研費基盤B「からみあい高分子系の汎用高速計算法」,番号22H01189,直接経費総額13,300千円(予定)
  • 増渕雄一(研究代表者),畝山多加志,石田崇人,2023-2025年度,科研費挑戦的研究(萌芽)「大きな具材を含む流体のレオロジー」番号:23K17940 直接経費総額4,800千円(予定)
  • 畝山多加志(研究代表者),増渕雄一,土肥侑也,石田崇人,2023-2025年度,科研費基盤B「高分子の収縮挙動のモデル化,課題番号23H01142,直接経費総額(予定) 15,000千円
  • 石田崇人(研究代表者),2022-2024年度,科研費特別研究員奨励費(PD)「高分子劣化のマルチスケールシミュレーション: 分子ダイナミクスから物性変化まで」,番号:22J00300,直接経費予算総額 3,400千円(予定)
  • 石田崇人(研究代表者),2024-2026年度,科研費若手研究「実分解温度と対応した高分子の新規熱分解シミュレーションの構築」4,810千円(予定)

Industrial Collaborators

  • 住友ゴム(増渕)
  • 太陽化学(増渕)
  • 三菱ケミカル(畝山,増渕)
  • 東レ(畝山)