crop unrecognizable male men using laptop on street

Post-doc positions

Posted Leave a commentPosted in Micellaneous

There are a few post-doc positions currently (as of Jan 27, 2021) available in our group for the following projects: A: Modelling and simulations of structural and physical changes caused by polymer scission in the Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas (B) “Precise degradation science of polymer materials and polymer chains.” B: Modelling and […]

特任助教の公募

Posted Leave a commentPosted in Micellaneous

増渕研では特任助教の公募を行っています.以下の内容はこちらのPDFファイルにもあります. 本公募は終了しています. 名古屋大学大学院工学研究科物質科学専攻 教員公募 1. 募集人員: 特任助教2名 A 1名: 科研費学術変革領域研究(B)「高分子材料と高分子鎖の精密分解科学」 において,高分子切断の引き起こす構造変化と物性変化のシミュレーションに取り組んでいただける方. B 1名: JST-CREST研究「ゲルのロバスト強靱化機構の解明と人工腱・靱帯の開発」 において,高分子ゲルのモデル化と数値シミュレーションに取り組んでいただける⽅.増渕雄⼀教授と協⼒して新しい物理モデルの提案や計算を展開する意欲があれば,応募者のこれまでの研究分野は問いません. 2. 任期: いずれも1年   ただし上記Aは最長で2023年3月,Bは最長で2025年3月までそれぞれ延長可能です 3. 所属:  物質科学専攻レオロジー物理工学研究グループ(http://rheology.jp/nagoya/) 4. 応募資格: (ア) 博士の学位を有する方(着任までに取得見込みの方を含みます) (イ) 畝山多加志准教授,増渕雄一教授と協力してモデリングや数値シミュレーションを展開する意欲があれば,応募者のこれまでの研究分野は問いません.高分子科学の分野での研究経験,または理論物理等の分野でプログラミングやシミュレーションの経験がある方の応募を歓迎します. 5. 着任時期: 令和3年4月1日以降のできるだけ早い時期(詳細はお問い合わせください) 6. 提出書類: (ア) 履歴書(写真添付) (イ) 研究業績リスト(書式自由,1)原著論文,2)総説,3)国際会議発表,4)その他に分類のこと) (ウ) 主要原著論文3本以内のコピー (エ) これまでの研究内容の説明(1000文字以内) (オ) 上記ABのどちらのプロジェクトを希望されるか,また参画にあたっての抱負(1000文字以内) (カ) 応募者に関する意見を求めうる方2名と連絡先 *以上をPDFにして電子メールでお送りください 7. 応募締切: 令和3年1月15日(金)(必着) 8. 選考方法: 書類審査により候補者を選考し,面接を行います.面接の詳細は該当者に連絡します 9. 応募書類送付先および問合先: Aを志望: 畝山多加志 e-mail: uneyama _at_ mp.pse.nagoya-u.ac.jp tel:052-788-6217 […]

特任助教の公募

Posted Leave a commentPosted in Micellaneous

増渕研では特任助教の公募を行っています.以下の内容はこちらのPDFファイルにもあります. 本公募は終了しています. 名古屋大学大学院工学研究科物質科学専攻 教員公募 募集人員: 特任助教1名 任期: 1年,ただし最長で2023年3月まで延長可能 所属:  物質科学専攻レオロジー物理工学研究グループ (http://rheology.jp/nagoya/) 応募資格: 科研費学術変革領域研究(B)「高分子材料と高分子鎖の精密分解科学」 において,高分子切断の引き起こす構造変化と物性変化のシミュレーションに取り組んでいただける方.畝山多加志准教授と協力してモデリングや数値シミュレーションを展開する意欲があれば,応募者のこれまでの研究分野は問いません.高分子科学の分野での研究経験や理論物理等の分野でプログラミングやシミュレーションの経験がある方の応募を歓迎します. 博士の学位を有する方(着任までに取得見込みの方を含みます) 着任時期: 令和3年4月1日までのできるだけ早い時期(詳細はお問い合わせください) 提出書類: 履歴書(写真添付) 研究業績リスト(書式自由,1)原著論文,2)総説,3)国際会議発表,4)その他に分類のこと) 主要原著論文3本以内のコピー これまでの研究内容の説明(1000文字以内) 上記CRESTプロジェクトに参画するにあたっての抱負(1000文字以内) 応募者に関する意見を求めうる方2名と連絡先 *以上をPDFとし,CD-ROMないしUSBメモリーに入れて,紙媒体に印刷したもの各1部とともにお送りください 応募締切: 令和2年12月18日(金) 選考方法: 書類審査により候補者を選考し,面接を行います.面接の詳細は該当者に連絡します 応募書類送付先および問合先 畝山多加志 〒464-8603名古屋大学工学研究科物質科学専攻 e-mail: uneyama@mp.pse.nagoya-u.ac.jp tel:052-788-6217 備考: 本公募では,能力および実績において同等と認められた場合には女性を積極的に採用します.面接となった場合,必要な交通費等は応募者のご負担でお願いします.応募書類は返却いたしません.

crop young businesswoman using laptop while drinking tea at home

Physical Review Eに論文を投稿しました

Posted Leave a commentPosted in Micellaneous

こんにちは。ふみあきです。初めて書いた論文がPhys. Rev. Eにアクセプトされました。 論文の内容 流体中に小さな粒子を浮かべたら、粒子はあたかも生き物のように運動します。この運動は、高校でも習ったようにブラウン運動と呼ばれています。ブラウン運動は、たくさんの流体分子が粒子に衝突することによって生じる運動で、多くの場面においてランジュバン方程式という式で記述されます。 しかし、粒子と流体分子が数回しか衝突しないような短い時間スケールで粒子の運動を観測する場合、ランジュバン方程式は使えません。そのような短い時間の運動を調べる際は、粒子と流体分子の「衝突」に立ち返って考える必要があります。今回投稿した論文では、シンプルなモデルを設定し、「衝突」の観点から粒子の運動を解析しました。 具体的な内容は以下からご覧下さい。 F. Nakai, Y. Masubuchi and T. Uneyama, “Short-time dynamics of a tracer in an ideal gas”, Phys. Rev. E 102, 032104(arXiv)

特任助教の公募

Posted Leave a commentPosted in Micellaneous

本公募は終了しています 増渕研では特任助教の公募を行っています. 以下の内容は「こちら」のファイルにもあります. 名古屋大学大学院工学研究科物質科学専攻 教員公募 募集人員: 特任助教1名 任期: 1年,ただし最長で2025年3月まで延長可能 所属:  物質科学専攻レオロジー物理工学研究グループ (http://rheology.jp/nagoya/) 応募資格: JST-CREST研究「ゲルのロバスト強靱化機構の解明と人工腱・靱帯の開発」 において,高分子ゲルのモデル化と数値シミュレーションに取り組んでいただける方.増渕雄一教授,畝山多加志准教授と協力して新しい物理モデルの提案や計算を展開する意欲があれば,応募者のこれまでの研究分野は問いません.理論物理・理論化学等の分野でプログラミングやシミュレーションの経験がある方の応募を歓迎します. 博士の学位を有する方(着任までに取得見込みの方を含みます) 着任時期: 令和2年10月1日までのできるだけ早い時期(詳細はお問い合わせください) 提出書類: 履歴書(写真添付) 研究業績リスト(書式自由,1)原著論文,2)総説,3)国際会議発表,4)その他に分類のこと) 主要原著論文3本以内のコピー これまでの研究内容の説明(1000文字以内) 上記CRESTプロジェクトに参画するにあたっての抱負(1000文字以内) 応募者に関する意見を求めうる方2名と連絡先 *以上をPDFとし,CD-ROMないしUSBメモリーに入れて,紙媒体に印刷したもの各1部とともにお送りください 応募締切: 令和2年5月1日(金) 選考方法: 書類審査により候補者を選考し,面接を行います.面接の詳細は該当者に連絡します 応募書類送付先および問合先 増渕雄一 〒464-8603名古屋大学工学研究科物質科学専攻 e-mail: mas@mp.pse.nagoya-u.ac.jp tel:052-789-2551 備考: 本公募では,能力および実績において同等と認められた場合には女性を積極的に採用します.面接となった場合,必要な交通費等は応募者のご負担でお願いします.応募書類は返却いたしません.

卒研配属希望の3年生の方へ(2019年版)

Posted Leave a commentPosted in Micellaneous, To Students

当研究室に興味を持ってくださり,ありがとうございます. 当研究室のオフィシャルな訪問日程は終了しました.2日間あわせて10名ほど来られました. 今後,見学を希望される場合は「こちらのページ」からお問い合わせください.研究室訪問の期間外であってもできるだけ対応します.ただし教員の出張などにより対応できる日程には限度がありますのでご理解ください. 研究室で行われている研究についての簡単な紹介は「こちら」にあります. 当研究室での生活などを知りたい場合は「こちらの記事」や「こちらの文章」もご覧ください.