Past Members

Takaya Hirayama

平山貴也
Mr. Takaya Hirayama

一言:研究室の立ち上げから在籍していたので非常に感慨深いです!3年間好き勝手にやらさせていただけて、ありがとうございました!

卒業論文:長繊維強化樹脂における固化機構の評価

修士論文:ナイロン6の固化機構の解明

執筆した記事はこちら

在籍期間: 2015.4 – 2018.3 (学部から修士)

在籍中の学会発表:

  1. T. Hirayama, T. Yamamoto and Y. Masubuchi “Solidification Mechanism of Long-fiber Reinforced Thermoplastics Characterized by Dynamic Viscoelasticity”, IWEAYR-11th, P32 (2016/1/21, Shenzhen)
  2. 平山貴也,山本哲也,増渕雄一, “炭素繊維を含むナイロン6の固化機構の評価”,日本レオロジー学会第43回年会(2016/5/12,13),東京,ポスター発表P12
  3. 平山貴也, 山本哲也, 増渕雄一, ”炭素繊維ナイロン複合材料の固化と結晶化における冷却速度の影響”,第65回高分子討論会, (2016/9/16),神奈川大学(依頼講演) 3J03
  4. 平山貴也,山本哲也,増渕雄一, “ポリアミド 6, 66, 610 の臨界ゲルの評価”,第64回レオロジー討論会(2016/10/29),大阪大学,ポスター発表P49,ベストプレゼンテーション賞受賞
  5. T. Hirayama, T. Yamamoto, Y. Masubuchi, “Characterization of critical gel for Nylon 6 and Polypropylene ”, IWEAYR-12th, P38 (2017/2/10)Chonburi, Thailand
  6. 平山貴也,山本哲也,増渕雄一, “ナイロン6とポリプロピレンの分子量が固化と結晶化に及ぼす影響”,日本レオロジー学会第44回年会(2017/5/18,19),京都,ポスター発表P19
  7. 平山貴也,山本哲也,○増渕雄一,”レオロジーで測ったナイロンの固化”,高分子材料自由討論会(2017/7/1),東京,招待講演
  8. 平山貴也,山本哲也,○増渕雄一,“レオロジーで観測されるナイロンの固化温度”,第66回高分子討論会(2017/9/23),松山,依頼講演
  9. 平山貴也,山本哲也,天本義史,増渕雄一“粘弾性,熱分析,赤外分光測定によるナイロン6の固化の測定”,第65回レオロジー討論会,3B04,(2017/10/19),新潟,口頭発表
  10. 平山貴也,山本哲也,天本義史,増渕雄一“ナイロン6の固化における水素結合と結晶化”,プラスチック成形加工学会 第25回秋季大会成形加工シンポジア17,P36,(2017/10/31),大阪,ポスター発表,関西支部長賞受賞
  11. Takaya Hirayama, Tetsuya Yamamoto and Yuichi Masubuchi, “Monte Carlo Simulations of Critical Gelation for Different Molecular Weights”, IWEAYR-13th(2018/1/24-26), Jeju, Korea, P14, oral & poster.