Past Members

Hiroto Takata

髙田寛人
Mr.Hiroto  Takata

一言:名古屋大学での研究生活は短く感じた二年間でした。結果が出なくて辛い時期もありましたが(基本辛かったかも)研究室の先生方、学生に恵まれたおかげで非常に楽しい時間を過ごせました。本当に有り難う御座いました。

修士論文:計算機シミュレーションによる短鎖高分子のノーマルモードの解析

修士論文に基づく出版論文:
Yuichi Masubuchi, Hiroto Takata, Yoshifumi Amamoto and Tetsuya Yamamoto, “Relaxation of Rouse Modes for Unentangled Polymers Obtained by Molecular Simulations”, Nihon Reoroji Gakkaishi (J. Soc. Rheol. Jpn.), in print.

在籍期間: 2016.4 – 2018.3 (修士)

在籍中の学会発表:

  1. 髙田寛人,天本義史,山本哲也,増渕雄一, “ガラス転移近傍でのポリブタジエンの分子動力学シミュレーション”,第64回レオロジー討論会(2016/10/29),大阪大学,ポスター発表P44
  2. H. Takata,Y. Amamoto T. Yamamoto, Y. Masubuchi,“Molecular dynamics simulation of 1,4-cis-polybutadiene in vicinity of glass transition”, IWEAYR-12th, P8 (2017/2/9)Chonburi, Thailand
  3. 髙田寛人,天本義史,山本哲也,増渕雄一“非絡み合い高分子のダイナミクスに対する排除体積相互作用の影響”,第65回レオロジー討論会,P43,(2017/10/17),新潟
  4. Hiroto Takata, Yoshifumi Amamoto, Tetsuya Yamamoto and Yuichi Masubuchi, “Effects of Inter-segment Interactions on Normal Modes of Unentangled Polymers”, IWEAYR-13th(2018/1/24-26), Jeju, Korea, P13, oral & poster.