九大 田中敬二先生 

(物工とは直接は関係ありませんが)6月19日に応化の招聘による田中敬二先生(九大)の集中講義とセミナーが行われました.この方は間違いなく高分子研究者のエースのお一人です.高分子材料の表面・界面にかかる実験,特にダイナミクスの計測においては国際的にもトップです.基礎的に重要なお仕事をされているだけでなく,応用面でも様々な可能性を見せておられます. 今回のお話で印象に残ったのは,界面ではバルクとは粗視化の枠組みが異なる可能性がある,と田中先生が言われていた(と増渕は聴いた)ことです.粗視化というのは系の自由度を統計力学的に平滑化して,遅い自由度だけを議論する方法論です.このとき遅い自由度の分布関数(平衡構造を決める)と,易動度テンソル(ダイナミクスを決める)が問題になります.これら2つの要素をどう決めるかはバルクでも簡単ではありませんが,界面だと,界面からの距離に応じて分布関数も易動度も異なる,その効果を入れる必要があります...増渕はそういうアプローチ(枠組みを変えるところまでは行かない)でいいのかと思っていましたが,それだけでは違う,と田中先生はお考えのようです.ダイナミクスが非常に遅く非平衡性が高いことが問題なのか?なにが問題か,はっきり理解できていませんので,もうちょっと教えて頂く機会を作りたい. 田中先生は,イケメンで人柄も温厚かつ快活.プレゼンもすばらしい.以前から素晴らしかったですが,さらに磨きがかかったようです.増渕はたまたま,前日18日に東京でこのような研究会があったので,田中先生の長めのご講演を2日連続で拝聴しました.タイトルはほぼ同じでしたが中身がほとんど違っていました.同じタイトルで内容が違う話を1時間x2回(もちろんクオリティを落とさず)できる人はあまりいないように思います.褒めすぎるのもどうかと思いますが,悪いところが見当たらない. 夜は応化の関先生や高野先生等と夕食会が行われ,増渕も出席させていただきました.夕食会の後,間髪入れずにご挨拶メールをいただきました.こういうあたりがデキる男ですね.同世代ではありますが,ご指導いただきたい先生方のお一人です.

PPS31韓国

韓国済州島で開催されたPolymer Processing Society 31st Annual Meetingに参加しました.この会議は毎年開催されている高分子成形加工に関する国際会議で今年の参加者は600名超だそうです.とはいえMARS騒動のためキャンセルも多かったようで,たとえば台湾からは一人も来ていませんでした. 増渕はこの会議には毎回参加するわけではなく,むしろサボリがちですが,今回はいくつかの理由から出席しました. ひとつはNCCに所属するようになったのでポリマーコンポジット(高分子複合材料)系の研究の情報収集をするためです.会議全体を通してこの話題はホットで,ポスターも含めると100件以上の発表がありました(プログラムはここで見られます.いつまで見られるかはわかりませんが).ドイツのフラウンホーファー研究所からも発表がありましたが,RTMに関する全工程シミュレーション技術を確立した,という,確かにすごいんだけれども,あまり細部に関する情報は出てこない,要するに宣伝に来たのね,という内容でした.他には韓国の研究が非常に目立ちました.あまり細かくはかけませんがNCCで取り組んでいる内容は技術的に難しいということは,今更ながらよくわかりました. もうひとつは今回の会議を主催した韓国の先生方と親しくさせていただいていることです.特にAhn先生には毎年お会いしますし,以前は研究室にご招待いただいたこともあり,非常にお世話になっています.増渕が名大に着任したときはお祝いもいただきました.Ahn先生は韓国でレオロジー関係の会議があると必ず事務方で活躍されますが,今回も例に漏れませんでした.こうなると応援の意味で参加したいわけです.(学会は参加者が多いことが成功の一つの目安ですし,自分が学会をやるときも知り合いが来てくれるとありがたいものです.) 最後のひとつは小山清人先生が全体講演をなさったことです.小山先生は山形大学の学長ですが,増渕が山形で助手をしていたときの研究室の教授だったので今でもかわいがっていただいています.先生のご発表の内容は伸長レオロジーに関するもので,小山研のお家芸ですから,増渕にとっては馴染みの内容です.よって聴講が目的ではなくて,研究や身の振り方などについてお話をさせていただくことが目的でした.偉い先生でも海外の国際会議中は捕まえやすいものです.今回も3回もお食事をご一緒して,様々な情報をいただきました. ところで増渕自身の研究発表ですが,小山先生のご講演にあわせて,二様分布系の伸長粘度のシミュレーションによる解析,という内容をお話しました.もうすぐ論文が出る内容なので,出版されたらまたお知らせします.内容はおいておいて,マサチューセッツ大学のWinter先生に話を聴いていただけたのが収穫でした.Winter先生は増渕のシミュレーション法を評価くださって,先生が開発しているレオロジー解析評価のためのプログラムIRISに導入してくださっています.そのようなわけで,最新成果をご覧いただくことは重要でした. その他,日本のプラスチック成形加工学会でご活躍なさっている先生方とも多数お会いでき,有用な情報をいただきました.またNCCや増渕自身に対して励ましをいただきました.皆様ありがとうございました. […]

近大の荒井先生+小林くん来訪

少々前のことですが6月3日に近畿大学理工学部の荒井先生をお招きしました.先生のグループのwebはこちらです.Dissipative Particle Dynamics(DPD)というシミュレーション手法を用いて様々な現象に取り組んでおられます.今回はDPDの基礎と先生のグループでの応用例について1時間の講演をしていただきました(写真をとっておけばよかった).松下研など他の研究室からも聴講にきていただきました.皆さまありがとうございます. 荒井先生は慶応大学の泰岡研究室のご出身です.泰岡先生は名大応物工業力学講座で学位を取られた,分子動力学法の専門家です.増渕と同じ研究室かつ同期ですので昔から何かと交流があり,泰岡研の学生さんの研究に増渕がコメントしたりします.荒井先生はそういう学生さんのお一人でした.最初の論文は紐状ミセルの構造形成に関する論文でした.このときたしか修士の学生さんだったと思います.お会いした当初は文系就職を目指しておられました.明朗快活,サービス精神旺盛の素晴らしい方なので,文系に進まれても(あるいは文系にすすまれた方が?)成功を収められたでしょう.しかしその後,泰岡先生のご薫陶を受けて博士課程に進まれ,研究者として活躍しておられます. 荒井先生のグループから,4年生の小林くんも来てくれました.近大では3年から卒研配属になるとのことで,すでに1年研究をしていて.カナダでの国際会議発表もしたそうです.英語で論文も書いていて,今回はその内容を増渕に話しに来てくれました.立派なものだと思いました.ぜひこれからも頑張ってください.

物理工学概論

1年生に様々な研究室を見学してもらおうという,物理工学概論が始まりました. 増渕が考えるには目的は2つあって,1つは学部での勉強をするにあたってモチベーションを高めてもらおうということ,もう1つはコース選択に役立ててもらおうということ.このうち後者について少し説明します.名大の物理工学科は学部1学年200人くらいいます.これが材料100,量子エネルギー50,応物50に分かれていきます.自分が学生だったころは応物は応物という独立した学科で1年から4年まで変更なしでした.最近は文科省の方針でlate specializationといって,入学時はまとめておいて,できるだけ後ろで分割しなさいということらしい.これは前にいた京大の工業化学もそうで,200人くらいまとめて取って,あとで分けています.こういう,最初大人数で入試をやることの良し悪しの議論は,いろいろあるところなので棚上げします.ともあれ,ある程度具体的に研究室をイメージしてコースを選んでもらう必要があるのは間違いありません. そのようなわけで,毎週火曜日の午前中に6−8人くらいのグループが研究室にやってきます.彼らにレオロジーの初歩をお話して,アルファゲルに生卵落としてもらったりして遊んでもらい,こんな学問もありますよ,ちなみにうちは応物ですよ,というのを観てもらうわけです.1日1グループ,ではなく,2グループ来ます.45分が2セットです. 学生さんは何かを掴んで帰ったのかどうか?わかりませんが,レオロジーという学問があるのだということを紹介できればとりあえず十分です. この機会はウチの部屋にとっては貴重ではあります.ウチは増渕が講義をやっていますが,応化1年向けの線形代数と,後期のほとんど応化向けの高分子物理化学しか担当がありません.また山本先生はNCC専任なので応物や物工での担当がありません.講義を持っていれば,その合間に研究の話をちょっとして学生をリクルートするということもできます.またザイオンス効果により,講義で顔を合わせているとなんとなく親しみが出てくるというのもあります.しかしできない,なので物理工学概論は活用したい.それでも研究室が多いため,すべての学生さんにウチの部屋を見てもらえるわけではありません.全体の6−7割しか来ません. ちなみに学生実験を担当すればさらに学生さんに来てもらうことは可能です.簡単なレオロジー測定とか解析をやってもらうのが本当は良いと思います.が,今はとても無理.スペース,装置,人手,全て無理.ウチは2部屋しかなく面積も他の部屋の半分以下.この状態で学生実験を受け入れると安全性やセキュリテイ上の問題が相当あります(どういう問題があるかをここで書いたらそれこそ大問題なので書きませんよ).少なくとも学生実験の間は他の会議室や講義室を借りないと学生の受け入れは無理です.さらに現状は装置も揃っておりません.学生実験は通常,壊れても卒研に影響がない古い装置を割り当てたり,学生実験専用に組んだ装置を使います.ウチはそもそも卒研用の装置がまだ揃っていない.さらに研究室には学部生しかいないのでTAも配当できません.TAが配当できないと教員がつきっきりで対応する必要がありますが,NCCの業務がある現場ではそれは無理. そのようなわけで,ここで蒔いたタネが芽吹くとすれば3年後,現在の1年生が4年生になり,卒研配属が行われるときです.そんな長い長い記憶効果を期待する講義です.

高分子夏季大学用:ゼロからのレオロジー

第60回高分子夏季大学というのがあり,そこで講師をするもんだから原稿を依頼されました.書いたものはこのPDFです.まあいつもの内容ですが,レオロジーって何,という方にはこの辺りから読んでいただくのも良いかと. ところで高分子夏季大学で講師をするのは2回めですが(前は高分子シミュレーションの話をした),今回の60回が最後なのだそうです.増渕が学生のころ,夏の学校としょうするものは様々な学会がやっていて,学生が企画して講師を選んで呼んできて話してもらう,というものだったような.講師には当然謝礼もなく,宿はボロボロでした.学生のころは物性若手夏の学校とか参加しました.他の大学の学生と知りあえてモチベーションが上がった記憶があります.けれどたくさんの学会がやると,学生はそんなに参加できるわけもなく,学会が互いにパイ(学生)を奪い合っていき,そのうち疲弊するのかもしれません.こういうイベントも時代にあわせて変わっていくのでしょう.

教員研修

4月から5月にかけて,教員研修がたくさんありました.全学科目FD研修,新任FD研修,安全衛生講習(応物),安全衛生講習(工学部),ソフトウエア管理研修,工学部新任教員研修,ネット利用に関する研修(これはe-learning)...実はまだ終わっておらず,高圧ガス取扱講習,廃棄物講習,が残っているのです...まだ他にもあるのかもしれない. 前に名大に助手で採用された時はすでに走っている研究室(当時は工業力学研究室)に入ったわけですから,分からないことは周りの人に訊けば済んだのでした.今回はまったく新しく部屋を立ち上げているので,全部自分で理解する必要があります. しかし研修をこれだけたくさん聴講しているのに,増渕はどうにも肝心のことが理解できてないのです.大学が独法化してからローカルルールがすごくできていて,例えばモノを買うにしても少しずつ仕組みが違います.これまで4つの大学を渡り歩いた増渕としては,その名大独自のところが知りたいのです.しかし研修ではどうしても真の意味での新任教員,つまりはじめて大学で勤務する方を対象とするのでしょうね,概念的な話が多く,「詳しくはこの冊子に書いてあるので,,,」「わからなければ担当者にきいてください...」ということになってしまうのです. 要するに自分で勉強しろということ.このご時世ですから大学としては研修をやらざるを得ないんでしょうけれど.別の研修で同じ話が出てきたりしてますので,まだまだ過渡期ということでしょう.順番も時期も相互に調整できそうにも思うし. もちろん「ほー」と思うこともありました.新任FD研修と工学部新任教員研修ではどちらもハラスメントに関する研修があり,教員が研究室で学生と接するにあたって,ザイオンス効果とかピグマリオン効果とかアンガーマネジメントとかを絡めて,どのようにしたらよいかを説明されていました.増渕はこういうのは結構好きなので独学で学んでおり,研究室の本棚にも自費で買った関連書籍があるのです.そんなわけで自分の方向性を確認するのと同時に,なんちゅう至れり尽くせりなのであろうか,と思ったのでした. いずれにせよ自分がキャリアを始めたころからすると隔世の間があります.

応物専攻説明会

本日は名大応物の大学院説明会がありました.他大からの受験生にも配慮して土曜日に開催されたのです. まず専攻主任から応物全体の紹介や入試制度の案内がありました.応物全体のキャッチフレーズ「科学と技術のインターフェース」というのは,増渕が学生の時に設定されたものですから,20年も使っていますね.当時お世話になっていた松本先生が,アインシュタインとエジソンの写真を組み合わせたポスターを作っておられました. その後,各研究室の紹介となりました.増渕の部屋は名大での成果はまだありませんので,他の研究室の華々しいご発表の最後に,レオロジーそのものの啓蒙のようなことをやって終わりました.そこで免震ゴムの偽装の話をしました.免震ゴムというのは建物の土台に入れて,地震のエネルギーを吸収するものです.フツーのゴムだったら,エネルギーはあまり吸収しません(ゴムボールを床に落とすと弾みますね.これはエネルギーを吸収しないからですね).しかし特別に作ったゴムならエネルギーを吸収できるのです.弾まないゴムボールになるということですね.この技術は低燃費タイヤにも応用されています.増渕はダンロップで知られる住友ゴムさんと,ここ数年,タイヤのレオロジーに関する共同研究をやっています. 全体のプレゼンの後は希望する研究室の訪問の時間が設けられていました.各自,前半と後半の2つの部屋を回ることができる仕組みでしたが,ウチは最初のローテーションで1名,次のローテーションでは10名くらい来てくれました. ウチの部屋は他の部屋とやっている内容がまるで違っており,あまり物理っぽくないわけです(ゴムとか高分子とか泡とか言っているので化学っぽい).だから物理の学生さんたちには第一志望にはしづらいと思われます.が,大きく違っているため,ちょっと(怖いもの見たさで?)覗いてみたくもあるんだと思います. 増渕としては増渕研を志望してくれなくとも,レオロジーという学問があるんだ,と認識していただければとりあえず十分です.どういう研究をしても,モノをいじる限りレオロジーは必ず出番があります.そのとき思い出していただければ,お手伝いできることもあるでしょう. ウチの部屋にご関心のある方はいつでもお越しください.ただし会議やらNCCの用務やらで部屋を空けていることもあるので,できれば事前にご連絡ください.逆に,教員が留守の時にきていただくと,学生さんたちのナマの声が聞けていいかもしれません. 実験室を見たかった,という人も多かったのですが,立ち上げ中でまだ装置が何もないんです.やっと実験台がそろったのですが,電源工事は来週だし,排気設備もこれから.スンマセンでした.

土井先生ご来訪

この研究室の源流であるところの土井正男先生が4月13日にご来訪くださいました.増渕・山本がNCCの会議に出なければならず,1時間くらいのご滞在となってしまいました.非常に残念でしたが,またぜひおいでください. 旧コウリキ,土井研関係者の皆様,一度3号館にお戻りください.

研究室の立ち上げその2:什器入った

京大から移送した什器が入りました.非常に研究室っぽくなってきた.これで新4年生のふたりも居場所ができたというものです.秘書さん用の机も他の研究室の不要品(にしてはとても上等)で手配できました.本棚はさすがに見通しが甘かった.ミーティングスペースもできました. 増渕は午後いっぱい会議と打ち合わせなどがあってあまり現場を見られませんでしたが,山本先生,新4年生,松下研からの使者松島さんがセッティングしてくれました.慰労を兼ねてジュースと宅配ピザでお祝いしました.